飛距離アップ > トップ

いつか飛ばし屋と呼ばれたい。

ゴルフをやる以上、だれしも飛距離をアップさせたいという思いはありますよね。

石川遼選手やタイガーウッズのように、
しなやかで力強いスイングで300ヤード越えのショットを打ちたい。

そんな憧れはあります。

しかし現実は飛距離がアップするどころか、
力んでしまってスライスやフックの連発・・・

まっすぐ飛んだところで220ヤード付近をコロコロ・・・

「 もうこんな不安定なドライバーなんか使うもんか!! 」
そんな気持ちにさえなることもあります。

もちろんドライバーも一打、アプローチも一打、
グリーン上でのパットだって 「 同じ一打 」 です。

それは分かっていますが、

各ホールで初めに使うドライバーでのティーショットは、
自信をもって気持ちよく打ちたいものですよね。

それにロングホールの場合は、
ドライバーの飛距離がセカンドショットやアプローチに影響します。

ですから飛距離がアップするのに越したことはないんです。
でも、それがなかなかできないから困っている・・・

ゴルフ上達のコツをつかんで各ショットの安定度を上げて、
さらにドライバーの飛距離もアップさせる。

そんな展開が理想ですが、
そのためには 「 ゴルフに対する姿勢を根本から変える 」 必要がありそうです。

ドライバーの飛距離アップにはゴルフ理論が重要。

ゴルフに対する姿勢を変えるというのは、
なにも鬼のように練習して年に30回はラウンドしましょう。

とか、そういうことではありません。

そうではなくて、
きちんとした 「 ゴルフ理論 」 を頭に叩き込む。

その上で、理にかなった練習メニューをこなしましょう。
ということです。

だれかの見よう見まね、
もしくはゴルフ雑誌のアドバイスなどを参考に、

なんとなくゴルフ練習をしてしまう場合が多い。

この 「 なんとな~く 」 打ちっぱなしで練習したつもりになっているのが、
なかなかゴルフが上達しないし、ドライバーの飛距離もアップしない原因でもあります。

そうではなくて、
一流のプロコーチから 「 最新のゴルフ理論 」 を学び、
その理論にのっとった練習メニューをこなすのです。

それがドライバーの飛距離をアップさせ、
アイアンショットやアプローチ、パットの安定度をアップさせ、

最終的にスコアも大きくアップさせる。
ゴルフ上達の一番の近道なのです。

プロゴルファーの宮里藍選手は、
ヘッドスピード42m/s前後にもかかわらず270ヤード以上飛ばします。

そこにはヘッドスピードや力だけではない、
しっかりとした 「 ゴルフ理論 」 があるということです。

下記のサイトで、今もっとも売れている
ゴルフ練習メニューをご紹介しています。

DVDで映像を見ながら、自宅でゴルフレッスンできます。

ゴルフ練習法(DVD・教材)人気ランキング

一流のトップ・プロコーチから、
最新のゴルフ理論を学ぶ。

ドライバーの飛距離をアップさせるために大切なのは、
ヘッドスピードだけではありません。

重要なのは正しいゴルフ理論にもとづいた
理想的なスイングをすることです。

飛距離がアップするゴルフ練習法はこちら>>